ゲーム ドラクエ

ドラゴンクエスト ロト3部作の魅力

更新日:

ドラゴンクエストシリーズは、その作品ごとに魅力的で重厚なストーリーが繰り広げられるのが特徴ですが、初代ドラゴンクエストから3までは「ロト3部作」と呼ばれ、ファンの中でも高い人気を得ているストーリーです。
この3部作の魅力とストーリーについて少しご紹介したいと思います。

まず「ロト」とは何かというと、「世界を救った勇者」ということで設定されています。
この勇者ロトの子孫がそれぞれドラゴンクエスト1と2で世界を救う勇者として活躍します。ドラゴンクエスト3では、この勇者ロトの誕生のストーリーを描いています。
従って時系列としては3→1→2という形で、ロト3部作は語られていきます。
まず勇者ロトの誕生となったドラゴンクエスト3ですが、主人公は勇者と呼ばれたオルテガという戦士の子供として冒険をはじめることになります。目的は魔王バラモスを退治すること。しかしバラモスを倒した後も、さらに強大な魔王ゾーマがバックに控えており、
新たなる脅威と戦わなくてはならないという壮大なストーリーで物語を盛り上げています。ゾーマが支配する世界はアレフガルドと呼ばれており、これはのちに続くドラゴンクエスト1の世界になります。ゾーマを撃破した後に現れた竜王が再びアレフガルドの脅威となるのが、ドラゴンクエスト1のストーリーです。
3のとある場所に後の竜王が誕生するような場所があり、このように次の作品に続くような様々な伏線が張られており、それらを探すのもドラゴンクエスト3の楽しみとなるでしょう。このドラゴンクエスト3は当時は膨大な容量であった2メガという容量を使ったソフトで、いろいろと要素を詰め込んだもののまだ削られて作られたといいます。
全シリーズの中でも唯一タイトル画面が無い(黒いバックに「DRAGON QUEST Ⅲ」と出るだけ)のも、容量の関係だとのことです。
ちなみに、ドラゴンクエスト3で最大の初の試みであったバッテリーバックアップのシステム。
これのおかげで、冒険を続ける際に長い復活の呪文をメモすることもなくなりました。

ところで、ドラゴンクエストを始めとしてバッテリーバックアップを搭載していたファミコンカセットが、終了させるときはなぜリセットボタンを押しながら電源を切らなくてはならなかったかご存知でしょうか?簡単に言うと、リセットボタンを押さないでファミコンの電源をいきなり切ってしまうと、ファミコンの回路が電源を切ったことにより電気信号が途切れ、間違った情報を記録して記録した情報を壊してしまう可能性があったためです。
リセットボタンを押すと一時的に回路の機能がストップするため、ストップした状態で電源を切ることで誤った情報を記録することなくゲームを終了することができるというわけです。

閑話休題。

3の世界を救った勇者がロトと呼ばれるようになり、ここからすべてが始まった、というエンディングの流れは感動させられます。
是非未プレイの方は最後までプレイしてみてください。
ちなみに最後のゾーマ戦で流れるBGM「勇者の挑戦」は、アレフガルドのフィールドテーマの「荒野を行く」のアレンジになっており、必聴の一曲です。
そしてドラゴンクエスト1、2へと話は続きますが、1で世界を救った勇者がローラ姫と別の世界に旅立ち、その100年後の話が2の舞台になります。
ドラゴンクエスト2では初の3人組パーティとなり、また船も登場して行動範囲が広がるなどシリーズ初の試みがふんだんに盛り込まれています。
実はこのドラゴンクエスト2、ドラゴンクエストシリーズの中でも最高難易度と呼ばれています。
というのも恐らくそういったイメージを植え付けているのが、最後のボスであるハーゴンが控えている神殿へ行くための「ロンダルキアへの洞窟」が複雑難解、かつ出現する敵も強いといった難攻不落の洞窟であることが起因していると思われます。
何しろ落とし穴だらけのフロアがあって、ここで大きく足止めをくらったプレイヤーも多かったのではないでしょうか。
それゆえ当時は攻略本の存在が欠かせないものでした。
実はここまで難易度が高くなってしまった要因が、開発段階ではその洞窟に至るまでに攻略できるレベルに達しているだろうとの判断により、バランス調整をしていなかったことによります。
なんでも納期が間に合わず、ゲーム最初からロンダルキアに至るまでの十分なテストプレイができなかった、との事。
このロンダルキアへの洞窟の難易度については、今でもドラクエファンの語り草になっています。
このように、20年前の作品にもかかわらず未だに色あせない初期3部のロト作品。ドラクエファンであれば3作とも既プレイであってほしい作品です。

-ゲーム, ドラクエ
-

Copyright© もみあげ , 2020 All Rights Reserved.