もみあげ牧場 > 模型講座 > モールド彫り

 
●今度はスジ彫り

 前回のモールド埋めと一緒の項で書くつもりだったのですが、埋めの項が長くなってしまったので別々にしました。
基本的に前回の延長なので「そんなのめんどくせ〜よ」って思う方は読み飛ばしてください。

 私は彫り彫りするのが大好きな人なのですが、今回のガンダムはいわゆる普通の「模型講座」なので、あんまりヘンテコなスジを彫りすぎないようにする事にします。

●必要な道具など

これがアートナイフ。普通のカッターナイフに比べて切れ味が抜群なのでモデラーなら一本は持っておきたいです。
これが目立てヤスリ。
これを立てて削ることでまっすぐなスジが彫れます。
ケガキ針です。
これで引っかいてスジを彫ります。
左のシャーペンみたいなのは自作針。自作方法はこちら
金属の定規です。
色々な形の穴が開いているテンプレートでもあります。
結構高いですが便利。
ノギスです。
細かいところの長さを測るのに使いますが、別に無くても良いかもしれません。

●段差を彫る

 さて、とりあえず「最低限ここだけは彫りたい」という箇所は段差です。

「段差」と言われてもどういう所かわかりにくいので、まずは写真で見てみますと・・・

こういう所です。

 こういう箇所を掘るかどうかは個人の趣味の問題なのですが、私はこのような「プラモでは1パーツになっているけれども、実物は2つのパーツをつなぎ合わせているんだろうな」って箇所に溝を彫って墨入れするようにしております。
 「筋彫りとかは大変だし面倒臭そうだな」って思っている人も、こういう凹凸箇所を掘るのは非常に簡単なので是非やることをお奨めします。

--------------------------

彫り方
イメージ図

このように谷の部分に沿ってケガキ針で彫るだけです。
彫るといってもいきなり力を入れてガリガリやると勢い余って間違った所を引っかいてしまう事があるので、最初は優しくなぞるように針を動かし、何度も何度もなぞって少しずつ彫っていくやり方が良いです。

--------------------------

今回のガンダムでは・・・

頭部 コクピット ふともも ふくらはぎ ひじとひさの丸
えり ランドセル

・・・と主な部分なここら辺ですね。他にも細々とした箇所を彫ってるんですが、そこらへんは趣味の問題です。
MGジムに比べて脚はちゃんと別パーツになってるので彫る箇所は少ないです。

●ナイフと目立てヤスリで彫る

直線のスジを彫る場合はアートナイフと目立てヤスリで楽に彫ることができます。


では先日埋めたこの脇腹のモールドを彫りなおします。
青くラインを入れた箇所を彫ります。


まずは鉛筆でラインを書いておき、それに沿ってナイフでさくっと切り込みを入れます。


次にナイフで入れた切れ込みに沿って目立てヤスリを当て、スジを彫っていきます。
この場合も最初は優しくなでるように彫り、徐々に力を加えるようにしていきましょう。

ちなみにこの脇腹のモールドはかなり深く広く掘る箇所なのでじっくり目立てヤスリでスジを広げていきましょう。

●定規とケガキ針で彫る

 普通は定規とケガキ針で彫ります。
ちなみに写真は今回のガンダムではなく、以前に作ったガンキャノンの写真です。

掘る部分に鉛筆で線を入れておき、ナイフで切れ込みを入れます。
そして目立てヤスリ。
パーツの角や端の箇所はこの様にナイフとヤスリで彫れますが、内陸部(?)にはナイフは入れ辛いです。
(目立てヤスリで彫ると太目のスジになります。細彫りしたいときは使わない方が良いです。)
ナイフとヤスリが当てづらい箇所は定規を当てながらケガキ針で彫り彫りしましょう。
くどいようですが、最初はなぞるように優しく、それから徐々に力を加えていきます。
こんな風になります。
赤線を入れた箇所はナイフを入れることができますが、紫の線の箇所(内陸部)は定規とケガキ針でカリカリやります。

●曲面は辛いっす

ガンキャノンの腕のような丸いパーツは非常にスジ彫りがやりにくいです。
ノギスで幅をはかりながらマスキングテープを巻いて、テープをガイドにして彫ります。(マスキングテープよりも、もっと頑丈なテープのほうが良いかも)
そんでナイフを入れて
この頃は画鋲で彫ったりもしてました。

カクカクしているジムより丸っこいザクの方が彫りにくい、連邦よりジオンの方が彫りにくいの法則というのはスジ彫りモデラーの間では常識・・・らしい

●彫った後

 彫った後はこの様に溝の両脇が盛り上がる場合があります。
1000番のペーパーをやさしくかけて、この盛り上がり部分を落とします。


とりあえず盾にはこのようにスジを入れました。

 みんなで楽しく掘ろう。

追記:「モールド彫り」の新バージョンを書きました。こちらです。

次は「パーツ洗浄」です
 

もみあげ牧場 > 模型講座 > モールド彫り